弁護士費用

 

弁護士費用のご説明

 

弁護士費用には、以下の種類の費用があります。

 

相談料

 法律相談を行った際の費用。

着手金

 弁護士が業務を行うにあたりかかる費用。

報酬金

 業務終了後、その成果に応じてかかる費用。

手数料

 一回の手続きで終了する事件などについてかかる費用。

顧問料

 顧問契約をした時の毎月の費用。

日当

 裁判所への出廷など時間を拘束される際にかかる費用。

実費

 業務を行うにあたり支出した費用。

 

実費以外の弁護士費用の例は以下の通りです。

なお、事件の内容などによって金額は変動しますし、例にない事件もございますので、実際には相談の際にご提示いたします。 

 

. 法律相談料

 

 (1) 初回 1時間 無料

 

 (2) 2回目以降 30分 5000円(税込)

 

  ※ 相談の結果、お引き受けすることになったとき、相談料が無料になります。

  

. 民事・家事事件等の金銭・財産に関する事件

 

 (1) 経済的利益の額が300万円以下の場合

 

      着手金・・・8%+消費税

      報酬金・・・16+消費税

 

      ※ただし、着手金の最低額は108000円(税込)です。  

 

 (2) 経済的利益の額が300万円を超え3000万円以下の場合

 

      着手金・・・5%+9万円+消費税

      報酬金・・・10+18万円+消費税

 

 (3) 経済的利益の額が3000万円を超え3億円以下の場合

 

      着手金・・・3%+69万円+消費税

      報酬金・・・6+138万円+消費税

 

 (4) 経済的利益の額が3億円を超える場合

 

      着手金・・・2%+369万円+消費税

      報酬金・・・4+738万円+消費税

 

 . 離婚事件

 

      着手金・・・20万円~50万円+消費税

      報酬金・・・20万円~50万円+消費税

 

      ※ ただし、財産分与、慰謝料など金銭がからむ場合には、

      「2. 民事事件・家事事件等の金銭・財産に関する事件」に

      準じて報酬金を決定いたします。

 

 . 債務整理事件

 

 (1) 任意整理

 

      着手金・・・2万円×債権者数+消費税

      報酬金・・・以下、ア~ウの合計額

 

        ア. 2万円×債権者数+消費税

        イ. 任意整理前の元金と和解金額との差額の1割+消費税

        ウ. 過払金の返金を受けた場合はその2+消費税

 

  (2) 自己破産

 

     ア. 個人

 

       着手金と報酬金の合計で 30万円~40万円+消費税

       夫婦の場合は2名で45万円~60万円+消費税

 

       ※ 過払金の返金を受けた場合はその2割+消費税を加算

 

     イ. 会社・事業者

 

       事業の規模などによって異なりますのでご相談ください。

 

  (3) 民事再生

 

     ア. 個人

 

       着手金と報酬金の合計で 40万円~60万円+消費税

       

       ※ 過払金の返金を受けた場合はその2割+消費税を加算

 

     イ. 会社・事業者

 

       事業の規模などによって異なりますのでご相談ください。

 

 

. 刑事事件・少年事件

 

      着手金・・・20万円~50万円+消費税

      報酬金・・・20万円~50万円+消費税

 

 . 遺言書作成

 

      手数料・・・10万円~20万円+消費税

 

 . 内容証明郵便

 

      手数料・・・3万円~5万円+消費税

      

      ※ ただし、その後の交渉については別途費用がかかります。

 

 . 簡易な家事申立事件(相続放棄等)

 

      手数料・・・10万円~20万円+消費税

 

 . 顧問料

 

      月額5万円+消費税

 

      ※ 協議により増減します。

 

 10. 日当

 

      半日・・・3万円+消費税

      1日・・・5万円+消費税

 

      ※ 協議により増減します。